季節の手玉vol.2【梅雨支度:赤しそビネガー】

季節の手玉vol.2【梅雨支度:赤しそビネガー】

 

もうすぐ本格的に梅雨を迎える頃。

 

冬の寒さから、春の陽気を経て、雨が降るたびに着実に夏の暑さを意識しはじめました。五月病と称される季節の病を生活の節々に感じる季節の節目に、今年もまた、じめじめと体力を消耗する梅雨がやってきます!

そんな季節の節目に一度は作ってみたい【赤しそビネガー】をご紹介。

 

 

忙しい隙間時間でも簡単にしたためられる【赤しそビネガー】は、ジュースで飲むと、酸味がスッキリさわやかでとてもおいしくいただけます。見た目も涼し気なので、グラスに注ぐと一気に夏モード。

 

季節の食材は、その時期の身体に合った栄養価を持っていると言われますが、赤しそはいったいどのような効果があるのでしょうか。

自分をととのえる時間を「季節の手仕事」に したためてみませんか。 

 

  
 
 
 


夏に最適なうれしい効果

 
赤しその葉は、初夏の5月~6月にスーパーに売り出されます。漢方薬としては「蘇葉(そよう)」として用いられ、発汗作用や解熱作用、胃腸の働きを整える作用のほか、抗酸化作用の他に、メラニンの生成を抑制する働きなど、さまざまな薬効があるそうです。また食卓では、梅干しや紅生姜の色付けに欠かせないもので、大葉とともに紫蘇の一種になります。大葉に比べてえぐみが強いため生のまま食べることはありません。今回ご紹介するジュースやふりかけにしていただくことが多いです。
季節の節目に、自分の身体をととのえていくことを意識しながら、季節の恵みをしたためませんか。
 
 
 
   
(所要時間:15分程度)
 
赤しそ:300g
水:1リットル

砂糖:500g~1kg
(砂糖の種類は、白砂糖やグラニュー糖、キビ糖でもお好きなもので大丈夫◎
砂糖の量は好みによって加減しましょう。長期間保存する場合は、砂糖が少ないとカビが発生しやすくなりますので、すぐに飲まない場合以外は500g以上の量をオススメしています。)今回はキビ砂糖600gを使用しています。
りんご酢:200g(150g~お好みで)
 
 
赤しその下ごしらえ
 
スーパーなどでは茎つきのまま売られていることが多いのですが、葉の部分だけを摘み取って使います。土よごれ等も残っていることが多いため、大きめのボウルや鍋に入れ、水の中でしっかり水洗いしてください。
(その間に、鍋に1リットルのお湯を沸騰させておきましょう。)
 
 

沸騰したお湯に、洗った赤しそを全量入れます。
一度に入りきらない場合は数回に分けていれてください
 
 
 
 
五分間ほどじっくり煮出し、赤しそを取り出します。
その後、きび砂糖500gを加えて溶かし混ぜます。 
  
 
  
軽く粗熱がとれたら、リンゴ酢を加えていきます。

 
 
 
入れた瞬間に黒っぽかった煮汁が、パッと鮮やかな赤色に変色します。
この時、味見をしてみて、甘みや酸味が足りなければ足し入れてください。 
  
 
 
 
密閉保存する
 
 
 
保存する場合は、煮沸消毒した瓶に入れ、密閉して冷蔵庫へ。
保存期間の目安は6カ月ほどです。
  
 
でき上がったしそシロップは、冷蔵庫で冷やして水や炭酸で割れば、すぐにジュースとして飲むことができます。またゼリーを作ってもおいしくいただけます。
 
 
 
今回は、炭酸水で割りました。
煮出しが足りなかったのか、赤しそビネガー:炭酸水が大体1:1の割合が丁度良かったです。濃く出る赤しその場合、原液自体がもっと濃い色味で仕上がりますので、割合も変わってきます。

見た目にもさっぱり爽やかで、今年から夏の楽しみになりそう。
 
 


 
季節を楽しむことは、暮らしを豊かにしていくこと。

毎年めぐりくる季節の習慣と人の営み。
忙しい日々のすきま時間に、季節をたしなむ知恵を知る。

寒がりのあなたも、寒くなることが楽しみになる。うだる暑い夏の日も、さわやかな笑顔で汗を流そう。肌寒い春の雨が新芽を育て、豊作愛おしむ秋の月夜はほっと一息。自分をととのえる時間へ。


人はみんな、自然のとなりで生きていること。
生活の小さなワクワクは、暮らしを照らし、人生を豊かにする。

季節を一緒にしたためましょう。
ブログに戻る

季節を暮らす新着記事

二十四節気 第12番【大暑 】(たいしょ) 一年で一番暑い時期。今年は梅雨明けの発表と共に、夏...
二十四節気 第11番【 小暑(しょうしょ)】 梅雨が明け、暑さが本格的になる頃。例年では梅雨明...
二十四節気 第10番目【夏至 】(げし)   一年でいちばん日が長く、夜がみじかくなる頃。「...
  もうすぐ本格的に梅雨を迎える頃。   冬の寒さから、春の陽気を経て、雨が降るたびに着実に夏...

関連ページ

<二十四節気>
季節の節目となる二十四節気・七十二候を軸に、季節の文化や習わしをお伝えいたします。ちょっぴり特別な日常を暮らしていけますように。
<季節のならわし>
古くからつづく日本のお祝いをはじめ、伝統的な習慣・文化年中行事や風習をまとめています。時代にもつながる日常生活を整えるためのエッセンスとなることでしょう。
<徳永夕子の季節の暮らし>
徳永こいのぼり社長、徳永夕子の"季節と文化の中で「今を生きる」” を視点に自身の生活をラフに執筆。 ちょっぴり息抜きしませんか。
季節の手玉
季節を楽しむことは暮らしを豊かにしていくこと。忙しい隙間時間でも季節をたしなめる「季節の手仕事」をご紹介。自分をととのえる時間を一緒にしたためませんか。

◀【季節と暮らす】TOP