第5番目「清明(せいめい)」

第5番目「清明(せいめい)」

二十四節気 第5番目 清明(せいめい) 

 

季節は晩春。

【万物ここに至りて 皆潔斎にして清明なり】


清明とは「清浄明潔(せいじょうめいけつ)」を略した言葉で、すべてのものが生き生きと清らかになる頃のことを言います。

その言葉の通り、草花はあたたかな陽気に美しく芽吹き、朝のお散歩では、春に生まれた雀の雛たちが一斉に飛ぶ練習をしています。
清々しい日差しと共に春を告げる南東の風―――【清明風】が柔らかく吹き、花の香りを運んでくる春の風「薫風(くんぷう)」と言われます。

  

 

 

それでは【清明】の頃の行事をご紹介いたします。

 

【清明の頃の行事】
 

●お花見(4月)
●清明節(4月5日)

「清明節」は春分の日から 15日目に設けられた祝日で、その日を含む3日間を法定休日とし、お墓参りをします。(日本でいえば、「お盆」に相当する年中行事になります。)


●花祭り(4月8日)

花祭りとは、お釈迦様の誕生日とされる4月8日に行われる、仏教のお祝いの行事です。宗派によらず、寺院や仏教系の学校で広く親しまれています。

●イースター(4月9日)

イエス・キリストが十字架にかけられ処刑された日から、3日目に復活したことを記念に祝い・追憶する日が「復活祭」。キリスト教において、生命の復活と繁栄を祝う、春の最も重要な行事とされています。

●新年度・入学式(4月上旬)

 新しい学校・学年や、職場に入り、新しいステージに立つ日となります。


●十三参り(4月13日)

  十三参り(じゅうさんまいり)とは、数え年で13歳(満年齢で12歳)になった男の子と女の子が健康に育ったことを祝う伝統行事です。

 

 

  

【晴明節】


【晴明節】とは、中国・台湾・香港など「太陰太陽暦」を用いていた地域では、「清明節(せいめいせつ)」と言われる行事が行われます。日本では、沖縄の「清明祭(シーミー)」として行われており、中国から伝わりました。お盆やお正月と並ぶ大きな行事で、親族一同がご先祖様のお墓に集まり、お酒やお重の料理、切り花などをお供えします。

中国では基本的に清明節(または重陽節)にしかお墓参りをしないため、ほとんどの人が清明節にお墓参りをして過ごします。晴明節が日本全土に根付かなかったのは、大陸との時差や、既に「お彼岸」があったためと思われます。

 

(日本の本州では前節気【春分】をお彼岸としてお墓参りをします。その他に春分は「昼と夜の長さがほぼ同じになる日」として迎えられ、アメリカでは The first day of Spring (春のはじまりの日)と言われます。

 

中国ではお墓参りが終わると、すぐに宴会が開かれ、その場でお供え物などのご馳走を食べるため、お墓の周りには宴会用のスペースが広く設けられていることが一般的です。沖縄のお墓の前にも「清明祭」をするための広いスペースがあり、宴も催されます。とても賑やかに行われます。

 

【“清明節”の食べ物】

 

【晴明節】の食事は、地域により様々で、地域性が色濃く反映されます。また、清明節には、多くの地域で冷たいものを食べる習慣があります。

そんな中でも清明節の食べ物として有名なのは、「青団チントゥアン)」と言われるヨモギを使った緑色の餅・お団子です。

 あらゆるものの生命力がみなぎる季節の実として「清明果」とも呼ばれます。青団は柔らかくてモチモチとした食感で中国では人気のお餅で、一年中販売されていますが清明節が最も売れる時期となります。

 

 

季節の食べ物

 

旬の食材が1年を通して移り変わることは、四季のある日本ならではの楽しみ。

旬の食材には、その時期に身体が必要とする成分や、これから迎える気候にあった身体にしてくれるなど、日々の健康を維持するために役立ちます。

採れたての新鮮な食材を美味しく食卓を彩りましょう。

 

 

二十四節気 第5番目 清明の頃に旬を迎える食材をご紹介。

 

 

◆ 野 菜 ◆

清明は、筍掘りやいちご狩りなど春の味覚狩りが盛んになる時期です。

 

特に筍は、地表に出現する直前に掘りとると味がいいと言われています。とったばかりのものであれば、えぐみやあくも少なく、生食で楽しめます。
その他、蕗(ふき)も旬を迎えます。蕗は、数少ない日本原産の野菜の一つ。

◆ 魚 ◆ 

旬を迎える魚は鰹(かつお) !

 

南方の海から日本近海の太平洋を黒潮に乗って北上する鰹は「初鰹(はつがつお)」または「上り鰹」と呼ばれます。江戸時代、初鰹は珍重されていました。あっさりとした上品な味わいが、この時期の鰹の特徴です。 

 

3~5月の「初鰹」はさっぱりとしているのでかつおのたたき

9~11月の「戻り鰹」は脂が乗っているのでお刺身がおすすめです。

 



【清明】の頃七十二候では下記のように表されています。


 


初候 第13候<玄鳥至(げんちょう いたる)>

夏鳥のツバメが渡来する頃


冬の間、暖かい東南アジアの島々で過ごしていたツバメが海を渡って、日本にやってくる季節になりました。つばめの飛来は、本格的な春と農耕シーズンを表しています。

日本ではツバメが巣をつくるお家には「幸せを訪れる」という言い伝えがあります。ヨーロッパでは復活祭のころに戻ってくることから、「復活と再生」を象徴する鳥としても扱われています。

 

次候 第14候<鴻雁北(こうがん きたす)>

冬の間を日本で過ごしていた雁(がん)が北国へ去っていく頃。



 

春に飛来するツバメ(清明 初侯【玄鳥至(つばめきたる)】)と入れ替わるようにして、日本を離れていく雁。

雁は古くから、文芸作品にもよく登場し、様々な俳句や歌に使用されています。和菓子の「落雁」や、高級茎茶の「雁が音 (かりがね)」にも由来し、昔から日本人の生活の景色として、縁の深い渡り鳥ということがわかります。



末候 第15候<虹始見(にじ はじめて あらわる)>

春の雨上がりに、空に初めて虹がかかる頃。

 


 

これからの季節なつにかけて大気の状態が不安定な日があり、夕立が多くなります。 突然の雨の後、虹が西の方に見え始める季節になります。「虹」は夏の季語ですが、春は「春の虹」、秋は「秋の虹」として詠まれます。七十二候では、11月の二十四節気20番目【小雪】の初侯に【虹蔵不見(にじかくれてみえず】と対置されています。

「虹蔵不見」は、晩秋、日の力が弱まって虹が見えなくなる頃をいい、「虹始見」は、春になって、雨の後に虹が出始める頃をいいます。

 

* * *

 

草木が生き生きと輝く季節を楽しもう!

 

お出かけにも気持ちがいい時期なので、旬の食材が詰まったお弁当を持って、自然豊かな郊外の散策に出かけるのもおすすめです。自然のなかで草花の美しさや爽やかな春風を感じてみましょう。

 

次節気は「穀雨(こくう)」になります。

ブログに戻る

季節を暮らす新着記事

二十四節気 第12番【大暑 】(たいしょ) 一年で一番暑い時期。今年は梅雨明けの発表と共に、夏...
二十四節気 第11番【 小暑(しょうしょ)】 梅雨が明け、暑さが本格的になる頃。例年では梅雨明...
二十四節気 第10番目【夏至 】(げし)   一年でいちばん日が長く、夜がみじかくなる頃。「...
  もうすぐ本格的に梅雨を迎える頃。   冬の寒さから、春の陽気を経て、雨が降るたびに着実に夏...

関連ページ

<二十四節気>
季節の節目となる二十四節気・七十二候を軸に、季節の文化や習わしをお伝えいたします。ちょっぴり特別な日常を暮らしていけますように。
<季節のならわし>
古くからつづく日本のお祝いをはじめ、伝統的な習慣・文化年中行事や風習をまとめています。時代にもつながる日常生活を整えるためのエッセンスとなることでしょう。
<徳永夕子の季節の暮らし>
徳永こいのぼり社長、徳永夕子の"季節と文化の中で「今を生きる」” を視点に自身の生活をラフに執筆。 ちょっぴり息抜きしませんか。
季節の手玉
季節を楽しむことは暮らしを豊かにしていくこと。忙しい隙間時間でも季節をたしなめる「季節の手仕事」をご紹介。自分をととのえる時間を一緒にしたためませんか。

◀【季節と暮らす】TOP