コレクション: 小田陶器

小田陶器は1921年、美濃焼の産地、岐阜県瑞浪市に創業。
岐阜県東部の瑞浪市周辺は、隣接する多治見市、土岐市と合わせて、美濃焼の産地として栄え、多種多様な素材、デザイン、技術を持つことから「日本の陶都」とも呼ばれ、日本の陶磁器文化を支えてきました。 小田陶器がある瑞浪市は、明治初期より欧米諸国に向けた洋食器を生産、輸出することで世界有数の白磁の産地として栄えてきました。 長い年月をかけてこの地域に受け継がれてきた、先人達の技術と想いを胸に小田陶器では白磁の器を約100年にも渡り作り続けています。

 

▼<小田陶器>を使用した読み物

6個の商品

【食卓を楽しむ】関連する新着記事

不毅窯 bukiyou   トルコブルーの釉薬と温かみのある土の質感が特徴的なブランド「不毅...
もうすぐ本格的に梅雨を迎える頃。   冬の寒さから、春の陽気を経て、雨が降るたびに着実に夏の暑...
        長きにわたり茶の湯の世界で珍重されてきた萩焼。萩焼は使い込むほどに変化し、う...
日頃から、できるだけ身体に良いものを取り入れたい。ハレの日も美味しくて身体に良いもの...