ちゃみさんちの台所《 ごはんで作る甘酒 》vol.2

ちゃみさんちの台所《 ごはんで作る甘酒 》vol.2

 

日頃から、できるだけ身体に良いものを取り入れたい。ハレの日も美味しくて身体に良いものでお祝いができたなら、どんなに素敵でしょう。ご自宅で発酵と点心のお料理教室をされているちゃみさんに『発酵×お祝い』をテーマにさまざまな季節のレシピを教えていただきます。前回はごはんで作る甘酒を教えていただきましたが、今回はその甘酒を使ったアレンジレシピをご紹介します!

 

【 ごはんで作る甘酒のレシピはこちらから 】

 

 

 ごはんで作る甘酒があれば、あっという間にできる『ミニトマトの甘酒マリネ』をご紹介します♪

 

 

 

 

ミニトマトは湯むきをします。甘酒はお好みでブレンダーを使ってとろとろにしても◎そのまま粒があってもOK。

 

 

レモン汁、甘酒を混ぜ合わせ、湯むきしたミニトマトと和えます。なんとカンタン。もう出来上がりです。とろーり美味しそう!

 

 

優しい甘さと、レモン汁のおかげでさっぱりしていてとっても美味しい!ミニトマトがフルーティーで、いくらでも食べられそうです。カレーの付け合わせやデザート、おやつ代わりにも良さそう。身体に優しい甘さなので子どもにも安心です。

 

 

 

続いて、もちもち美味しい『白玉きな粉のデザート』をご紹介します。

 

 

 

このレシピは、白玉さえ作ればきな粉と甘酒を混ぜ合わせるだけで完成です!きな粉と甘酒の量はお好みで調整してくださいね。

 

 

きな粉がペースト状になって食べやすく、優しい甘さで美味しいです。ペースト状なので年配の方にも安心。きな粉を混ぜ合わせる時に塩をほんの少し入れると味がしまります。甘酒に醤油を入れるとみたらし団子風に。さまざまなアレンジを楽しめそうです♪

 

 

◆ 甘酒は飲む点滴! ◆

甘酒にはビタミンB1、ビタミンB2、オリゴ糖、食物繊維、アミノ酸、ブドウ糖など、点滴と似ている豊富な栄養成分が含まれています。腸内環境を整えてくれたり、美容効果や疲労回復が期待できます。今回は生麹で作った甘酒なので、妊娠中の方や小さいお子さまでも安心して食事に取り入れることができます。

 

『ごはんで作る甘酒』だけでさまざまなレシピが広がりそうですね。身体に優しいものを取り入れながら家族でハレの日をお祝いできること。とても豊かに感じられます。ぜひみなさんも『ごはんで作る甘酒』作ってみてくださいね。次回の《 ちゃみさんちの台所 》もお楽しみに♪

 

◆ PROFILE ◆
ちゃみ
岡山県の自宅で発酵と点心の料理教室をしています。
麹の発酵調身料を使って簡単に美味しく、
腸や心が整うようなお料理をお伝えしています。
Instagram:@botibotiiko
Back to blog

関連のある新着記事

不毅窯 bukiyou   トルコブルーの釉薬と温かみのある土の質感が特徴的なブランド「不毅...
もうすぐ本格的に梅雨を迎える頃。   冬の寒さから、春の陽気を経て、雨が降るたびに着実に夏の暑...
        長きにわたり茶の湯の世界で珍重されてきた萩焼。萩焼は使い込むほどに変化し、う...
日頃から、できるだけ身体に良いものを取り入れたい。ハレの日も美味しくて身体に良いもの...

関連ページ category

お祝いの日のテーブルを彩るテーブルウエアや情報・レシピをご紹介